2009年02月22日

オオバコ

20090221.jpg

今日の野菜は右からゴーヤ、ビーツ、オオバコです。

アメリカの中国料理店で苦瓜の料理を注文すると、大抵このイボのないゴーヤが使われてました。
苦みが控えめなので、魚介類など肉に比べて繊細な食材にもよく合いますね。
オレはとくに海老と炒めた「苦瓜炒仁」が好きです。

ビーツはボルシチにする予定です。
久しぶりに、ちゃんと牛肉で出汁を採って作りますよ。

このオオバコはちゃんと食用に育てられているものらしいです。
オオバコと聞くと道ばたの雑草のイメージしかないですけどね。
食用なのでエグみや苦みもないのかなぁと茹でてみたのですけど...

すごく苦かったです。
ゴマ和えにして食べました。
posted by コリスケ at 08:04| Comment(9) | 買出し
この記事へのコメント
あっ、ビーツ!

…夏の終わりに信州で買ったのに忘れてました。。
ビーツ入りのチョコレートケーキを作ろうと思っていたのに…。
(またケッタイなものを、、笑)
わたしはオーブンで丸ごと焼いたのが好きです。
Posted by ぞうちか at 2009年02月22日 10:30
...
ビーツ入りチョコレートケーキ...
えー、ビーツ入りチョコレートケーキといえば...
...
(↑想像がつかなかったらしい)
Posted by コリスケ at 2009年02月22日 12:25
ビーツ入りチョコレートケーキと聞くと、
レッドベルベットケーキを思い出します。
現在は、ドバーっと一瓶近く着色料を入れますが
昔は、ビーツのジュースで色付けしたそうですよ。
Posted by ミゾリン at 2009年02月23日 03:28
なるほど!(ポンッとひざを叩いて)
確かにレッドベルベットケーキだったら想像つきます。
Posted by コリスケ at 2009年02月23日 04:26
あ、そうそう、そうなんだそうです。
>レッドベルベットケーキ

って、わたしが初めてこの↑ケーキの存在を認識したのは
去年の旅行中なんですが。笑
その後、偶然にこのケーキのレシピを見つけ
(いっぱいあるんでしょうけど)
へー、ビーツ使うんだ、おもしろーい、
と思ったものの、今は赤を出すのにほとんど着色料を使うと読み
そっかー、うーんそれは、、と思っていたら
チョコレートケーキのレシピを見つけたのでした。
チョコレート入れれば、赤も茶色も
あんま関係ないかな?と。違
(=着色料使わずに済む)


そんなわけで、レッドベルベットケーキから離れて
ビーツが入ったチョコレートケーキ、
というレシピに落ち着いたのでした。
ってどっちにしても作ってませんけどね。。

Posted by ぞうちか at 2009年02月23日 06:46
レッドベルベッドケーキ?なんぞやそれは???
どんなんでしょう?
誰か、作ってみせてくれないかな〜
Posted by たか at 2009年02月23日 21:21
「レッドベルベット」ちゅうのは和名を「赤デバネズミ」といいましてね、モルモットの一種です。
嘘です。
一言で言うと赤黒いチョコレートケーキです。
Posted by コリスケ at 2009年02月24日 01:22
レッドベルベッドケーキはミゾリンさんのブログで出て来ますんで、これは一度食べてみないと〜と言い続けて、去年、ホノルル在住CさんにGetして頂いたんですよ。Wardセンター内のケーキ店のものでしたが、すごく甘くてビックリでした。次にカラカウアAvの88Teesの下のお土産屋さんでもGetしたんですが、そちらのほうが甘くなかったです。でも普通に赤い色がついたケーキでした(笑)。ああ、南の島に行きたいです〜。
Posted by つまくり at 2009年02月24日 02:32
つまくりさん
オレは赤黒いものしか食べたことなかったのですが、今は普通に赤いレッドベルベットケーキが主流なんですかね。
上でぞうちかさんが言われているのも赤いケーキだそうです。
前言撤回で、一言で言うと赤系のケーキです。

南の島、行きたいっすねー
Posted by コリスケ at 2009年02月24日 21:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]