2009年03月03日

リーキ

20090303a.jpg

今日の野菜はリーキです。

いつもの八百屋に行ったら千葉産リーキが売っていたので、喜んで買ってきました。
以前、沖縄産リーキを買った時は、どうみても葱がただ太く堅くなっただけみたいなものでガッカリだったのですが、これは見た目も触った感じもリーキです。

折角なので、ただ蒸し煮にしただけでいただきます。

1) 6、7cmに切ったリーキを圧力鍋に並べ、50ccくらいの水とひとつまみの塩を入れて中火にかけます。
2) シューシューと蒸気が出たら弱火に落として、しばらく(リーキの大きさにもよりますが10分弱くらいかな)煮てると、蒸気からほんのりニンニクを焼いたような匂いがします。(水分がなくなって少しだけリーキが焼けた匂いです)
3) そしたら、すぐ火を止めて、十分くらい蒸して出来上がりです。

ずっと匂いを嗅いでなくてはならないので、鍋から離れられないのが面倒くさいですが、面倒なだけの美味しさですよ。

20090303b.jpg

これ作っている時はいつも、何となく座頭市っぽい格好になってるんですよね。
posted by コリスケ at 08:50| Comment(2) | 買出し
この記事へのコメント
リーキのスープ煮だったと思うのですが、やはり、こぐれひでこさんのエッセイで出て来て、いつか作りたいと思ってたんですが、これも美味しそうですね。千葉産だとウチの近所でも出るかも知れないんで、探してみます。やっぱり下仁田では、チト、違いますもんね。
最近、泥ネギも安くて5本で98円とか!こんなに安くて大丈夫か〜?!
Posted by つまくり at 2009年03月04日 03:15
そうですね、リーキと言うとスープ煮とかグラタンとか、さっと茹でてドレッシングで食べるのが基本ですよね。
葱だとどうしても、当たり前ですが、葱くさくなっちゃうんですよね。
泥葱の値段をみてると、普通の葱の値段の半分は洗浄代なのかって思っちゃいますよねー
Posted by コリスケ at 2009年03月05日 02:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]