2009年03月31日

椎茸醤油を買いに

20090331.jpg

いつものタイ食材店に行きました。

この店はタイ人の母娘で経営しているのですが、お母さんは全く日本語(英語も)を話せないのです。

いつもは母娘両方とも店にいるのですが、たまに(いや結構)お母さん一人のときもあります。
まあオレもそういう状況には慣れたものなので、探し物があれば身振り手振りと日本語で普通に尋ねちゃいます。
大抵、答えは「ないよ」とか「売り切れ」と言われるか、あればあったで奥から「はいよ」って出してくれますからね。

ただ、この日はちょっと違っていました。

椎茸醤油を買いに行ったのですが、身振り手振りで椎茸醤油が説明出来ない。
しょうがないのでメモとペンを借りて「醤油瓶+椎茸」の絵を描いて見せた途端、普段は無口なお母さんが急にベラベラと話し始めました。
もちろんタイ語です(笑)

オレは「えぇぇ!何なに、今日にかぎってー、分からないよー」と日本語で返したのですが、もう全然止める様子もなく、お母さんは派手なジェスチャー付きで何かを説明してくれています。

オレも頑張って理解しようと、一生懸命聞いたのですが...無理です。だってタイ語はまったく分からないですもん(笑)
もう困ったので「また後で、娘さんが来る頃に戻ってくるから、バイバイ」と手を振ると、お母さんも「オッケー、バイバイ」と手を振り返します。

その後、戻って来た娘さんに、結局お母さんは何を言いたかったを聞いたところ、日本では椎茸醤油の需要が少ないので輸入をしていなく、椎茸醤油が好きなお母さんはそれがどうしても納得いかないんだよとオレに力説していたそうです。

「...あー、そうでしたか」
posted by コリスケ at 23:49| Comment(6) | 買出し
この記事へのコメント
ぶふっ! そりゃあ、大うけしますよね(爆)。ミゾリンさんによると、日本では売ってないかもって話がありましたが、シーユーカオに椎茸を入れてエキスを出すってどうでしょう?
ところで、歯舞の昆布醤油が親戚から6本も送られてきちゃって。知らなかったのですが、法事のお返しに田舎では醤油を配るんだそうです。どうすんのよ〜って量ですわ。
Posted by つまくり at 2009年04月01日 00:45
つまくりさん
そうなんです、無いのですよ。
結局粉末椎茸と醤油で代用しました。
あ、うちにもありますよ歯舞の昆布醤油。
Posted by コリスケ at 2009年04月01日 02:15
歯舞←何処?
北海道の地名、よめなーい!

家は中国醤油に乾燥しいたけの軸だけ突っ込んで
作ってます。シンガポールチキンライスが食べたくなりました〜
メイドさん、作ってー
Posted by たか at 2009年04月01日 11:12
私もガイヤーン作ってみました。いろんなレシピがあるみたいで、胡椒とシーユーカオだけってのもあるんですね。
歯舞は”はぼまい”って読みます。ウチの田舎のほうなんですが、北方領土の玄関口にある納沙布岬(のさっぷみさき)の手前で、昆布漁が盛んなんですよ。驚いたのは、この昆布醤油が沖縄のサンエーにあった事です。さすが昆布消費の多い土地柄ですね〜。
Posted by つまくり at 2009年04月02日 00:49
フフ、笑ってしまいました。
お母さん、そんなに椎茸醤油がお好きなのですね。
私も日本に住んでいた頃は、
タイ語しか話せないタイ料理のコックさん(女性)
と身振り手振りで料理の話しをしていました。

歯舞・色丹・国後・択捉・樺太
北方領土は全部読み書きできますよ。
(いや、最後は違いますが)
Posted by ミゾリン at 2009年04月03日 07:10
ガイヤーン作りました。
結局帰宅時間は遅くなったのですが、観なくちゃいけないレンタルDVDがあったので、横目でテレビを観ながら作りました。
出来上がりはタンドリーチキンみたいなものなんだろうなぁと思いながら作っていたのですが、味見をしてみると、もっともっとアジア寄りの味でしたね。全くもってのタイ料理です。
餅米を蒸す暇はなかったので、レッドカレー風に味付けしたキャベツパスタと一緒に弁当にしました。

昆布醤油はウチの近くのスーパーにも売ってました。
全国区ですね。
Posted by コリスケ at 2009年04月03日 12:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]