2009年05月11日

白い瓜と花

20090511a.jpg

久しぶりの晴天、乾物日和だったので、
季節の白瓜を厚めに切って雷干しにしました。

一日干した、この白瓜を酢の物にすると、
パリパリと歯触りが増して美味しいんですよ。

「白」つながりで...

20090511b.jpg

このくらいの季節になると、いろんな場所で白い花が目立つようになりますよね。

20090511c.jpg

名前は分からないんですけどジャスミンっぽい花です。
香りもジャスミンに似ていましたよ。

20090511d.jpg

これはトベラの花です。
トベラというと、そこらの庭や公園によく植えてある木ってイメージしかないんですけど、こうやって花をつけると何となく親しみがわきますねー


posted by コリスケ at 01:53| Comment(9) | 日記
この記事へのコメント
母方の実家では、夏場になると太目の胡瓜を雷干しにして
醤油ベース味のタレに漬け込んでいました。
酢の物も美味しそうですね。
私にとっては雷干し=夏の味です。

ジャスミンの花に似ているものと言えば、柑橘類の花もそうですね。
昨日、例年に無い大寒波(北フロリダなのに−7℃!)で
枯れてしまった1代目の跡目を継ぐべく(違)
二代目シークヮーサーの木を買いました。
真っ白い花からうっとりする様な香りが漂っています。

Posted by ミゾリン at 2009年05月11日 21:51
♪花びらの白い色は〜。
100均でやっとザルをGETしてきたので、今日は瓜を買って来ました。雷干しも初めてですが、これから昆布醤油で漬けてみますね。
ウチの田舎はやっと千島桜が咲いたようですが、桜のイメージは6月だったんですよ。扇風機が実家にあるのを見て温暖化を実感しました。浅草はもう三社仕様です。
Posted by つまくり at 2009年05月11日 23:10
ミゾリンさん、こんにちは。
そうそう、雷干しというと夏ですよね。
キュウリの雷干しってやったことなかったですけど、良さげですね。

暖かい土地で暮らした事がないので、何となくピンとこないのですが、フロリダで−7℃っていうのはどえらいことなんでしょうね。
シークヮーサーの花、嗅いでみたいです。

つまくりさん、こんにちは。
関東地方では、ここのところ、日中暑い日が続いていますから、雷干しにはもってこいですよね。
北海道ほど寒いところで暮らしたことがないので、こちらもちょっとピンとこないのですが、六月の北海道で扇風機ちゅうのもエラいことなんでしょうね。
え?もう三社祭の準備ですか?江戸っ子は気ぃが早いですね。
Posted by コリスケ at 2009年05月12日 05:49
雷切りがうまく出来なくて、まるで入道雲のようなズングリ切りになっちゃいました。写真の瓜より大分太目だったようです。
去年の梅でピクルスを作った酢があるんで、これも使って漬けてみますね。
Posted by つまくり at 2009年05月13日 01:35
つまくりさん、こんにちは。
これ実は切り方にコツがありましてね。
↓みたいに赤い線と青い線の二カ所を切って、1本の瓜で2発の雷を取っているのですよ。
http://kolis.sakura.ne.jp/sblo_files/kolisinn/image/20090513s.jpg
でも太ければ太い分、干し時間を長く取ればいいだけですし問題ないですね。
Posted by コリスケ at 2009年05月13日 16:38
二枚目のお花は、ジャスミンですね、たぶん。
うちに、黄色いのがあるのですが、カロライナジャスミンっていう名前だったような。。。

調べてみたら、ソケイみたいですね?違うかな?
http://www.hana300.com/sokei0.html
Posted by SAORI at 2009年05月13日 21:45
SAORIさん、こんにちは。
あ、これすごく似てますよー
撮影場所もウチから近いし←関係ない
さすが花の人!

黄色いジャスミンなんていうのもあるんですね。
Posted by コリスケ at 2009年05月13日 21:59
雷切り、リンゴの皮を、むく様にするんですか?
やってみたいーい。
Posted by たか at 2009年05月14日 10:49
たかさん、こんにちは。
リンゴというよりは螺旋階段みたいな感じかなぁ。
まず菜箸を真ん中に突き刺して、斜めにクルクルと切っていきます。

http://kolis.sakura.ne.jp/sblo_files/kolisinn/image/20090513s.jpg

こんな風に切れ目を入れます。
Posted by コリスケ at 2009年05月14日 20:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]