2009年06月24日

本屋の本

20090624.jpg

「その国の景気が知りたかったら本屋に行けば判りますよ」

アメリカに住み始めてすぐの頃、尊敬するアーティストからそう教えてもらいました。

「入り口近くのディスプレイなんか見てごらんなさい、景気が良いときにはアートの本が目立ち、悪い時にはフードの本が目立っているからね」

それからアメリカのどの地方で暮らしても、本屋のディスプレイを気にしてみていました。
確かに景気が悪くなると食べ物の本がワッと増えていましたね。
あの戦争の時なんかもゲップが出るくらい食べ物の本だらけでしたし...

今も多いんだろうなぁ...

えー、今回のブログはえらいテンションの低いところから始まっていますが、
実は5年間イラストを描いていた連載が、今朝急に打ち切りになってしまったのですよ(泣)

雑誌の売上げを伸ばすための急なリニューアルなのだそうです。
イラストレーターを本業にしている訳ではないのですが、終わってみると「あぁ、オレは絵を描くのが好きなんだなぁ」と再確認させられました。

絵、描きます!
今ならお安くしますよ!
連絡くださいませ!!

アートの本とフードの本の話ですが、日本では当てはまりません。
日本の本屋には元々アートの本が少ないですからねー

------------------

さっき1時間くらいうたた寝したら元気になりました。
こういうときに気楽な性格で良かったなぁと思います(笑)

20090621b.jpg

と言う訳で、気分転換にキーさんと行った居酒屋で食べたサザエのつぼ焼きの写真をどうぞ(笑)

20090621c.jpg

この前、餃子旅行をしていて見つけたサイゼリアの1号店跡地です。
へぇー、サイゼリアってこの街から始まったんだ。

20090621d.jpg

普通の八百屋の二階でしたよ。

posted by コリスケ at 22:55| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
あ〜、それは残念でしたね。
昨日、従姉妹の二男、もうすぐ6歳の”なっとう君”と、お兄ちゃんにお絵かきをさせてみました。お題は”おでんくん”です(笑)。子供の絵って面白い!
更に、”なっとう子ちゃん”が同じ予定日で、もうすぐ生まれます〜。
この子達の親の世代は、本を買うより携帯なんですね。子供に携帯で遊ばせているので、コンテンツより提供するメディアを変えたほうが良いかも? ライターさんと組んで逆アプローチも有りですよ!

ところで梅ですが、南高梅が袋に詰め放題で380円、1980円/箱になりました。最後の頑張りで、梅ピクルスと砂糖漬けしてみようかと思ってます。ピクルス液でキュウリも漬けてみました。忙しいと別の事したくなりますよね。

Posted by つまくり at 2009年06月25日 03:14
捨てる神有れば何とやらですから、まあお気楽にね。
Posted by kumao at 2009年06月25日 04:08
 やけ酒って そういうことでしたか....。
やけ酒は身体によくないともいいますし うたた寝がよかったかも?
 うたた寝したら元気になった、私も同じです。
 バブリーな頃 そういえば日本でも 安いのものですが アートなものがありました。
 絵はがきが本状にまとめられたもが店頭に.....。
つい最近ですが 老舗の本屋が閉店してて ショックだったんです。
 すぐ近くに大手の本屋が進出しているのを見つけたのですが 写真集をプレゼントしたいと思い アートコーナーをさがしたけれど 見当たりませんでした....。
 気持ちが焦っていたので 見つけられなかっただけかもしれないけれど...。

 さざえ 絶妙ですねぇ、吹きこぼれてない!
Posted by だいやもんどだすと at 2009年06月25日 12:51
つまくりさんこんにちは。
そう子供の絵って面白いし学ぶところがあるんですよね。
へー、梅もそんない安くなってきましたか。
というか、つまくりさん家の近所はいつでもなんでも安い雰囲気がありますね(笑)
都会なのに。

だいやもんどだすとさんこんにちは。
やけ酒はまだしていません。
というか、多分「やけ酒」にかこつけて酒が呑みたいだけだと思います(笑)
そういえばバブルの頃は日本のアートな本もありましたね。
日本でも良いアートの本は沢山あるんですけど、普通の本屋では置いてないんですよね。
そういった本が欲しい時は電車に乗って遠くの本屋に行ってます。
これはこれで「楽しい買い物旅行」みたいで良いのですよね。
さざえ、キーさんが細かい火の調節をしていました(笑)生真面目ですから。

クマさん
こういうときに、そういうねぎらいの言葉をボソッと残してくクマさんはカッコいいと思うよ。
あそこの可愛い娘もそう言ってたよ。
Posted by コリスケ at 2009年06月26日 19:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]