2010年12月03日

酒肉祭

20101201b.jpg

年末になると、この店に来ているような気がします。
ビストロUOKINで忘年会です。

この日のテーマは肉とワイン、MEATYカーニバルです。

20101201f.jpg

鶏もも肉のコンフィ。
低温の油で茹で揚げているので皮はしっかりしてるものの、
身はほろほろです。

20101201d.jpg

蝦夷鹿のロースト。
久々の鹿肉。これはももの部分ですね。
真っ赤っかの赤身肉ですが、
輸入物の冷凍牛肉などと比べると血の味も香りも気になりません。
肉が新しいからでしょうね。古い血の匂いはたまらんですから。

20101201e.jpg

「何か野菜も食べようよ」と注文した一皿。
野菜と言っても、イモじゃん!
ポットローストにした根菜盛り合わせってところかな。

20101201c.jpg

やっぱり肉やねと最後に頼んだ、牛頬肉の煮込み。
〆のパスタも添えてありますよ。

この4皿にワインを赤白2本開けて勘定は10000円弱、
料理はどれも平均以上で量もたっぷりです。
さすがに満腹で満足。

忘年会ということで、今年の反省として...

流行のクーポンを何度か利用してみたのですが、
食べ終わって「得したな!うれしいな!」と思うクーポンって半分くらいです。
先月、同じメンバーで言った銀座の居酒屋も、
このビストロUOKINとほぼ同じ勘定でしたが、満足度は雲泥の差。
味は普通なのですが、料理の一皿一皿が見るからに少ないのです。

↓せりあさんの食欲魔人日記、11月23日 夕食の箇所をみてください。
http://www.seria-yuki.com/diary/diary10/d10114.html

さすがにオレはまだ、ここまで酷いクーポンに出会ってないですが、
「〆のリゾットでーす」と、直径約11cmの小皿に盛られたリゾットを見た時には
「そんなところでセーブしてなんぼの助けになるんだよ」と思いましたよ。

ま、そんなこんなで「もうクーポンは止めよう!」と宣言をして、
この日の宴会は〆となりました。

posted by コリスケ at 13:21| Comment(5) | 外食
この記事へのコメント
私もせりあさんの所で読んでいて、クーポンには
当たりも大ハズレもあるのねって。

直径11センチのリゾット、どんな高級店?(笑)

コリスケさん、この店すごく美味しそうー
一人食べできるかな?


Posted by たか at 2010年12月03日 17:02
おいしそうですね〜。
その内容で一万円弱って、随分お得ですね。
と思ってググったら、立ち飲みフレンチのお店なのですか?
面白そう、行ってみたいお店が増えました。
Posted by Hamazo at 2010年12月03日 23:42
まあでも実際、あそこまでネタにして、周りのみんなに笑ってもらえたので、それはそれで楽しかったですよ…ということにしておきます(笑)

結果的に返金されたのが、かえってモニョモニョしてしまったくらい。
Posted by かばば at 2010年12月04日 08:59
あんな目にあっても、まだ「もうクーポンは止めよう!」宣言はできない私です(いや、まだ使ってないクーポンが10種類くらいあるし……)。

ここ2週間くらいでクーポンを発行するお店の比率が一気に飲食から美容方面に傾きつつあるように思います。そろそろこのクーポン乱立ブームも山を越えつつあるのかしらと実感しているところです。
Posted by せりあ at 2010年12月04日 09:17
たかさんこんにちは。
何か前回からこんな話ばかりですけど、
クーポンも当たりはずれがありますね。
直径11センチでも皿のふちが15センチくらいあったら
「お、高級なな」とか思ったんでしょうけどね。
まあ、みごとな「取り皿」でした(笑)
UOKINはカウンター席(立ち飲みですが)もあるので、
おひとりさまも沢山いますよ。

Hamazoさんこんにちは。
ここ良い店ですよ。オススメです。
カウンターは立ち飲み専用なんですけど、
テーブル席もちゃんとありますよ。

かばばさんこんにちは。
確かにあそこまでひどいチケットだと冗談にしか思えないですよね。
まあ、モニョモニョするでしょけど、ちゃんとオチがついて良かったです。

せりあさんこんにちは。
オレも、止めよう宣言はしたのですが、
実は同じく未使用のチケットが2つ残ってます(笑)
ひとつは、せりあさんも行かれたあのインド料理なので安心なのですが、
もうひとつは隣駅の焼肉屋で、こっちがちょっと不安なんですよねー
止めるって言ったけど、美容方面に傾きつつあると聞いたら、
チョット後ろ髪引かれるわねー
Posted by コリスケ at 2010年12月04日 19:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]