2011年09月16日

大阪ディープめし(1)

20110909a.jpg

大阪でごはんを食べました。
向かった先は新世界・ジャンジャン横町、
メンバーはキンタオーナーと友達のみっちゃん。

ホントは、なんばあたりで呑む予定だったのですけど...

「おすすめの店か、良さそうな店を選んでおいて」と、
オーナーにお願いしたのですが、当日顔をあわせたら
「うー、どこもなかったわ、何か、ぐるなび見過ぎて疲れたー」とか言ってる始末。
「ぐるなびだったらオレでも調べられるっちゅうねん!」
もう、15年前からまったく変わってません(笑)

という訳で、オレの先導でジャンジャン横丁に向かうことになりました。

なぜジャンジャン横丁かと言うと、この前日に別の友人と串カツを食べに行っていたから。
そのときに「あ、この店もいいな」と目星つけてた店がいくつかあったのですよ。
ま、でも連夜ジャンジャン横丁で呑むことになるとは思わなかったですけどね!

まずは串かつ、この日は「やっこ」という店に入りました。
この店にした理由はガラス扉から覗いた店内が、
ほどよく古くて、ほどよく汚くて、揚方のおじさんが「串かつ」顔をしていたから。
それに混んでいなかったしね。

「てんぐ」「だるま」「八重勝」みたいな有名店はいつも混んでるんですよ。

20110916b.jpg

てんぐ、混んでるー

20110916c.jpg

八重勝、行列ー

20110916e.jpg

やっこ、空いてるー

20110909d.jpg

値段はこんな感じで良心的です。

20110909f.jpg

串かつもこんな感じで、ちょうど良い揚げ具合。
衣からラードが適度に香って食欲をそそりますよ。

この衣を見てもらえば分かると思いますが、
大阪の串かつはパン粉がとても細かいのです。
まるでイタリアのパン粉みたいですね。

で、このパン粉もカツにたっぷり付いているわけじゃないんですよ。
外側を薄ーく包んでいるだけです。
だから、サクサクしているのに、あまり油っぽくないのです。

で、そのサクサクの下はふっくらしています。
これは、小麦粉の衣(英語でいうBATTERってヤツ)に入っている山芋のおかげですね。

ふわふわでサクサク、これが大阪の串かつの特徴です。
さらに、揚げる材料によって、たまに衣やパン粉の量を変えたりもしてるのですよ。

20110909i.jpg

もう、まさに職人技です。
だから...細かいことは気にしませんよー(笑)
posted by コリスケ at 21:12| Comment(8) | 外食
この記事へのコメント
串かつ、おいしそうですね。ビールと合いそう!
串かつ顔というのはどんな顔なのか、興味深々です。
Posted by Hamazo at 2011年09月18日 10:27
あらあら、親方見事にやっちゃってますねぇ。
もしかして"二度つけ有り"だったりして…
Posted by 昭島の赤 at 2011年09月18日 15:39
串カツいいなー。出張についていけばよかった。
Posted by くまお at 2011年09月19日 16:00
Hamazoさんこんにちは。
ビールと串かつはザ・ロックとマンカインド(誰?)くらいベストマッチですよ!
串かつ顔というのは...芸能人で言うと六平直政みたいな感じかなぁ(やっこの主人が六平直政似ということではありません)

赤さんこんにちは。
食べ物屋としてはアカンですが、この店だったらOKな雰囲気があるんですよね。
でも二度浸けはきっちり禁止でしたよ。

クマさん
いいよ。次回は一緒に行こうよ...というか、オーナーの結婚式のときに一緒に行ったよね。
あのときは「だるま」だったよね。懐かしいなぁ。
Posted by コリスケ at 2011年09月20日 21:34
この写真の串カツ、飾りっけがなくておいしそうですね。
大阪出身なのに実は一度も串カツを食べたことがないんですよね。次回の帰国時には行かないと。

それにしてもコリスケさんってほんと驚くくらいピンポイントに私の食べたいもの食べてるんですよねぇ・・・うらやましい限りです。


Posted by ガリバー at 2011年09月22日 08:36
ガリバーさんこんにちは。
はい、ホントにこれっぽっちも飾りっけはなかったですね(笑)
そしたら帰国の際はぜひ一緒にディープめしを食べに行きましょう。
Posted by コリスケ at 2011年09月22日 18:35
 たばこ持つ手が職人語ってます...。
絶妙なカメラアングル〜。
 最後のお言葉と写真がもう たまりません〜。
Posted by だいやもんどだすと at 2011年09月26日 22:47
だいやもんどだすとさんこんにちは。
いやいや、違うもん写したら偶然写り込んでいたんですよ(笑)
でも、本当に許せる味でしたよ。
Posted by コリスケ at 2011年09月30日 18:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]