2011年10月01日

もっこすタイランド

20110916d.jpg

近所の熊本・タイ料理店でメシを食べました。
熊本タイと言っても...

「あんたどこ出身ね?」
「わしゃ熊本たい」

ってことじゃないですよ。
熊本料理とタイ料理を出す店なんです。

詳しくはこちら

20110914b.jpg

まずはタイの生ソーセージ「ナーム」
スパイスを混ぜた豚肉を生のまま発酵させた、
肉の糠漬けみたいな味です。
でも、ここまで酸っぱいナームを食べたのは初めてですよ。
うーん、今まで食べたナームは日本人にも
食べやすく調理されたものだったのでしょうね。

20110914a.jpg

「コーティ」です。
詳しい発音はコォー↑ティー↓って感じでした。

これは初めて食べました。
見た目はガッパオっぽいですが、上にのっているのは鶏肉のウコン炒めです。
ナームもそうなんですが、この店はオススメ料理を訊ねると、
メニューに載ってない珍しくてウマい料理を食べさせてくれます。
トードマンプラー(タイのさつま揚げ)なんて絶品ですよ。

20110914c.jpg

最後は「熊本やきそば」
これは何て説明したらいいんだろ?
博多の焼きラーメンってあるじゃないですか。
アレの長崎ちゃんぽんバージョンって感じです。
これ注文の度に入ってる具が違うのですが、今回は少し地味めかな。
前回はこれでもかってくらいタコの足が入っていました。
だから毎回違う味が楽しめるんですよ。

場所は浦安駅から五分くらい。
ディズニーリゾートに行く機会がありましたら、
帰りにでも是非よってみてくださいね。


分田上
リトルタイランド

住所:浦安市当代島1-19-38
電話:047-381-9915
posted by コリスケ at 10:03| Comment(11) | 外食
この記事へのコメント
タイ料理は結構いろいろ食べた気がしてましたが、
鶏肉のウコン炒めというのは初めて見ました。
(一瞬空目して、別のものに見えたというのはナイショです)
Posted by Hamazo at 2011年10月01日 12:10
オレも初めての料理でした。
で、家に帰ってからネットで「コーティー」って調べたのですが、一件もヒットしないんですよねー
(別のものならヒットするかなぁー)
Posted by コリスケ at 2011年10月02日 21:24
おはようございます。
ナームはプロでも本当に難しい料理らしいですよー
四角じゃない物を初めてみました。
ガ サオ グンとは違うし、鶏肉のウコン炒めは
料理人のアレンジなのかな?
Posted by たか at 2011年10月03日 08:36
たかさんこんにちは。
ナームナーム言ってたら友人からタイの手作りナームKITをもらいました。
そして正確にはネームと発音するのだと怒られました(笑)
でも普通の豚肉使うのは抵抗あるんでSPF豚を探してこようと思います。
ベトナムのネームはバナナの葉に包んで四角いやつですが、タイのは細い円柱形なんですよ。
鶏肉のウコン炒めも、何となくタイ語の料理名としては短い気はするのですよね。
もしかしたらシェフがただ「黄色飯」とか呼んでいる通称なのかなぁとも思うのですが、
タイ語は分からないのでさっぱりです。
でもタイ語でカオとかガオってご飯のことですよね。
だからもしかしてコォーティじゃなくてカオティなのかなーとかね。
で、「ティ」がウコンとか鶏とか黄色とかゴールドって意味だったらビンゴなんですけどね。

...実はなんだかんだと、こーやって推理するの好きなんです。
Posted by コリスケ at 2011年10月03日 18:46
ネームをナームと言ってると手作りKITが頂ける。
そんなKITが売ってる事に驚きです!

確か、炒めはパット。
なぜ?覚えているかと言うと、クラスメイトと
下着の話しをしたから(笑)

お店に通い詰めて、謎を解いて下さい!

Posted by たか at 2011年10月03日 22:58
たかさんこんにちは。
分かりました、謎解き続けます!
でも、コーティーはあまり出てこないメニューなんですよねぇー
パット覚えました。
Posted by コリスケ at 2011年10月04日 20:36
コーティーって料理名は初めて聞きました。
細切りのカフィアライムの葉入りなら、
香りも良いでしょうね。

タイ語でターメリックはkhamin(またはkamin)です。
(手持ちの本に載ってました)
刻んだ肉類を炒めたドライカレー的なものに、
Kua klingという料理があるので、
コーはもしかしたらKhuaかkuaもしれません。
タイ語のアルファベット表記で検索すると、
何かヒットするかもしれませんよ。
こうやって推理するのって楽しいですよね。笑
Posted by ミゾリン at 2011年10月05日 01:17
ミゾリンさんこんにちは。
おぉ、「Kua kling」の響き、コーティーと似てますね!
なるほどアルファベットで攻めるのも解決の道ですね。
ドライカレーと言われると、確かにタイ料理よりインド料理っぽかったし、
もしかしたらインド系移民発祥の料理かもしれませんね。
Posted by コリスケ at 2011年10月05日 09:55
遅レスですが、ネームに関連して思い出した
ことがあったので。
高田馬場のミャンマーレストラン密集地域に
ある店で、発酵させた(生の)豚肉のソー
セージを食べたことがあります。私はネーム
は未体験なんですけど、ミャンマーのソー
セージはこの写真ほど固形状をなしてなく
て、もっと軟らかい感じでした。なんとなく
生ハムをフードプロセッサーにかけたような
感じというか。それで生にんにくと青唐辛子
のスライスが添えられていてそれをかじり
ながらいただくというものでした。
同行した友人は恐れをなして食べてなか
ったですが(笑)、私は一年に一回ぐらい
だったらまた食べてもいいな、と思いました。
Posted by 青石鹸 at 2011年10月07日 23:10
書き忘れました。この熊さんのイラスト最高です!!
Posted by 青石鹸 at 2011年10月07日 23:11
青石鹸さんこんにちは。
オレはミャンマーのソーセージ食べたこと無いのですが、それもまた違った発酵ソーセージなんでしょうね。
いや、美味しそうです。
ま、確かにネームも頻繁に食べたいものではないですが、オレは二ヶ月に一度くらいでも良いかなぁ(笑)
熊、ありがとうございます。
一応、熊本のゆるキャラ「くまモン」のつもりです。

Posted by コリスケ at 2011年10月10日 11:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]