2012年06月12日

酎ハイとわたし(3)

20120612b.jpg

↑これは門前仲町『だるま』のチューハイ。
注文すると「酎ハイ一発!」というかけ声とともに焼酎の炭酸割りが出て来ます。
それにテーブル上のレモンシロップかライムシロップを自分で足して完成させるスタイル。

ここのところ、何で酎ハイについて考えていたかと言いますと、横須賀の酎ハイスタンドを見て、「もしアメリカで酎ハイスタンドやったらウケるんじゃないか?」と思ったからなのです。

でもよく考えたら、ベースの人々は酎ハイが安くて、早く酔えるから飲んでるのであって、そうでなかったら「酎ハイよりビール!」って人も沢山いるんじゃないかと思うんですよ。でも、ビールはベースの中で飲めばアメリカンプライスで飲める訳でしょ。そしたら外で2倍も3倍もするビールは飲まないですよね。

それに、昔ほど日本の酒が高くなくなったからって、アメリカで酎ハイ一杯を2ドルとか3ドルで出せる訳ないですからね。
そう考えたら「日本の酒税、どれだけやねん!」とムカついてきます。
みんな一生懸命働いてるんだからビールくらい満足に呑ませっちゅーねん!

あ、また話が酎ハイから離れてしまいそうなので、このへんで締めさせてもらいます。

おまけ:

20120612a.jpg

おばけきゅうりと普通のきゅうり。
大味で酸味とかもでちゃってるんだろうなぁと鶏だしと塩麹で煮ました。予想に反してちゃんときゅうりっぽい味がしてウマかったです。

posted by コリスケ at 17:11| Comment(3) |
この記事へのコメント
ライムシロップなんて、サントリーが出してるんですね!
炭酸水と合わせたいな〜
業務用なのかしら?

ビールよりも、酎ハイの方が早く酔える。
そうゆうものなのですね。
アメリカで酎ハイスタンド、楽しそうですよ!
新しいステージの幕開けですねー
Posted by たか at 2012年06月13日 09:01
アメリカで酎ハイスタンドをやる時は
是非雇って下さい。なんでもやります!
あ、ちなみに青リンゴチューハイ、ピーチチューハイとか皆好きみたいですよ。
やっぱり甘いのが好きなんでしょうね。
そういえば、若かりし頃、父から貰ってきた
レミーマルタンのXOを当時のBFに
コーラで割って飲まれた時には軽く殺意が芽生えました。
そんな私は料理用に使ってましたが。。。(笑)
Posted by may at 2012年06月13日 22:30
たかさんこんにちは。
このシロップは居酒屋でオレにはかなり甘すぎます。
普通の酒屋でも売ってますよ。
ビールと違って酎ハイはアルコールの量を調整できますからね。
びっくりするような酎ハイ出す店もありますよ(笑)

mayさんこんにちは。
昨日コビとも話していたのですがアメリカではカクテル=甘い酒って感覚みたいです。
「じゃあ甘くないウイスキー&ソーダなんかは?」って訊いたら「あれはウイスキー&ソーダだもん」というオレの常識外の答えをもらいました。
レミーマルタンのコーラ割りは、確かにもったいない!(笑)

Posted by コリスケ at 2012年06月15日 11:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]