2012年11月27日

ゆずくりてづくり

20121119a.jpg

先週手に入れた秋田の栗。
今年の栗もこれで終わりだろうなぁと思ったので、
渋皮煮にして保存しておくことにしました。

保存食といえば...

20121119f.jpg

今ベランダの軒下にはこんなもんがぶら下がってます。

こうやって写真をとってみると、
青いハンガーにただゴミがぶら下がっているように見えますが、
柚餅子(ゆべし)です。

柚餅子といっても和菓子の方じゃなくて珍味の方の柚餅子です。

20121119e.jpg

こんな風に、クルミや松の実を混ぜた甘味噌を詰めて蒸した柚子を、
ひと月ほど寒風にさらして出来上がり...だそうです。

実はオレも初めて作ったんですよ。
『みをつくし料理帖』の最新刊で又次が作っているのを読んで、
旨そうだなと思っていたら、巻末にレシピが載っていたので作ってみました。
上手に出来るといいな。年末年始のお楽しみです。

20121126a.jpg

渋皮煮はこんな感じに仕上がりました。
上出来。
posted by コリスケ at 07:06| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
ゆべし、いいですね!柚子ってアメリカでは手に入らなくないですか?シカゴのミツワでも(年末だったのでお正月用に買いたかったのですが)売ってなくて、がっかりしたことがあります。なんか関税の関係(?)かなんかでアメリカに輸出できないんでしょうか?かと思うと、Iron Chefでは誰かが使っていたりした記憶があるのですが。マンハッタン周辺とか西海岸では売られているんでしょうか。昔から謎です。
でも私、数年前にすごい発見をしたんですよ。Meyer lemonの皮がかなりゆずに近い味がするんです。というわけで、これを使ってゆべしモドキを作ってみようかな、と思いました。
Posted by 青石鹸 at 2012年11月29日 00:45
青石鹸さんこんにちは。
多分アメリカ産の柚子はあると思いますよ。マンハッタンのどこかで食べました。生じゃなくて冷凍物だったかもしれませんけど...
でもどこかで売ってる、多分ちょっとシワシワになってる柚子よりマイヤーレモン(最近は日本でも見かけますよ)の柚子餅のほうが美味しいはずです。ぜひぜひ。
Posted by コリスケ at 2012年11月29日 14:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]