2013年04月05日

ビシソワーズをいただきましょう

20130405a.jpg

今日の野菜はリーキです。
暖かくなってきたので、冷たいスープでいただきます。

少々のバターと菜種油で炒めたリーキを、
ジャガイモと一緒にチキン・ストックで柔らかくなるまで煮込み、
ミキサーでガーーーッと混ぜたら、牛乳、クリームを加えます。
ふたたび火にかけて、少々の白胡椒、塩で味をつけたら、
火を止めて、氷水をはったボウルで冷やします。

20130405b.jpg

ヴィシソワーズの出来上がり。

ネギとも違うし、タマネギとも違う、
独特の優しい味はリーキならではですよね。

このリーキは沖縄産ですが、
最近は岡山産や長野産なども見かけるようになりました。
もっといろんな地域で生産してくれたら良いのになぁ。

岡山産があるんだから、隣の山口県でも作れば
絶対当たると思うんだけどな。
ご当地野菜「長州リーキ」って名前にしてね。
小さめのヤツはもちろん「長州小リーキ」で。

いや、訴えられるか(笑)
posted by コリスケ at 13:31| Comment(2) | 内食
この記事へのコメント
日本のリーキはリーキらしく?白い部分が多くて良いですね。
こちらの近所で見かけるのは、巨大万能葱みたいな
緑たっぷりの物ばかりですよ。う〜む。

長州リーキ。ククク(ツボに入りました)
Posted by ミゾリン at 2013年04月10日 03:11
ミゾリンさんこんにちは。
いや、青い部分が多いのもありますよ。
長野産のがそうでした。
あれはあれで炒め物にすると美味しいですけどね。

長州リーキから、さらに富士市の名産「リーキーフジ(リッキーフジ)」と続こうと思ったのですが、マニアックすぎて皆さんをキョトンとさせてしまいそうなので止めました...
Posted by コリスケ at 2013年04月11日 16:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]