2013年10月04日

どんぶりオーバーライス

20131004a.jpg

英語で丼ものを何と言うのでしょう。

アメリカにある日本料理店のメニューなんかを見ると
「KATSUDON - Pork cutlet with egg over rice」とか
「OYAKODON - Chicken and egg over rice」などと
表記されていますね。

「ON RICE」って書かれていることもありますが、
こんもり盛られたご飯を、ゆるくとじた玉子が覆っているさまは、
やっぱり「OVER RICE」って表記がしっくりきます。
ま、TENDONやUNADONだったら「ON RICE」でも良いんですが、
カツ丼を「ON RICE」って言われると、汁気が殆ど飛んじゃった豚カツと
カチカチに火を通し過ぎた玉子がボテッと乗っている感じがしちゃいます。

じゃあ、カレーライスはどうなのかと言うと、「Curry with rice」ですね。
あれはご飯の上に乗ってる訳じゃないってことなのでしょうね。
アメリカのカフェやレストランのご飯メニューには、
この「WITH RICE」が多いですね。
「Grilled shrimp with rice」とか「Fried chicken with rice」など、
これはメインのおかずの横にごはんが添えてあるって感じです。
日本だと「カフェめし」とか「プレートランチ」って呼んでいる、あんな感じですね。
海老のグリルやフライドチキンがご飯の真上に乗っているときもありますが、
それでもメニューには「WITH RICE」って書いてあります。
日本人みたいに、こういうことには細かくないのでしょうね。

「チキンがライスの横だろうが上だろうがどうだってええやろ。
"チキンとライス"て、言うとけば問題なかろうが!」...って感じかも。

そういえば中華料理店のメニューも「ON RICE」とか「WITH RICE」とか
細かいこと書いてありますな。
こういう細かいこというのはアジア人ならではの特徴なのでしょうね。

このチキンはここにあるから「ON」や。
いやいやライスから少し落ちかけてるから「WITH」や。
お前は細かいこと言うのぉ!
細かいことついでに言わしてもらうけど、あの小さい島はわしらのもんじゃ!
アホ言え!太古の昔からわしらの領土じゃ!
そしたらわしらの漁船を止めてみぃや!とかね。

最後のはちょっと違いますけどね(笑)
うーん「メシの話と領土問題を一緒くたにすんじゃねぇ!」
と怒られそうなので、ここらで話に蓋をさせていただきます。

どんぶりだけに。
posted by コリスケ at 21:41| Comment(6) | 日記
この記事へのコメント
石ちゃん(ホンジャマカ)の「オン・ザ・ライス」を思い出しました。私もあの染みたご飯好きです!
そう言えばテーブルに各自にフタつきで出てくる食べ物って日本以外にありましたっけ?「別に外を通ってくるわけでもなし、厨房からテーブルまでにフタをする意味があるのでしょうか?!」バンッ!(テーブルたたいた音)もう一蒸しというのも聞きますが、私はちょこっとサクサクも好きなので、天丼の場合はフタなしに100点!
Posted by hanako at 2013年10月05日 01:35
hanakoさんこんにちは。
欧米の人が定食的なご飯を食べるときに、おかずをまずご飯の上にオン・ザ・ライス(言いたかっただけ)してから食べるって聞いたことあります。
味が染みたご飯じゃないと食べにくいらしいです。
日本人の若者でも同じ様に「白飯だと食べ辛いー」って言うのが増えてるそうです。
何でも原因は水が美味しくないから、白飯が不味いので、味をつけたがるそうで...
ま、そういわれると、そうなのかなぁと思いますね。
ブンブンブンッ!(両手を縦に振りながら)
いやいやhanakoさん、オレはちょっと蒸されて衣がしなーってなった天丼、好きですよ。
サクサクも勿論好きですが。

Posted by コリスケ at 2013年10月05日 10:43
私も天丼はサクサク派!
鰻丼も蓋は要らないかなー。
あー、島正のオムライスが食べたくなりました。
オムライスだけど、オムレツ on riceなのです。
ソース代わりにどて煮(笑)

水、家は浄水器を使ってますが、東京や大阪は
高度浄水施設で昔より綺麗だと聞きましたが、
綺麗と美味しいは多分違うのだろうな…。
Posted by yasuko2010 at 2013年10月05日 22:07
yasukoさんこんにちは。
ふと思ったのですが、オレにとって丼の蓋というのはDOOM FOOD COVER(日本語でなんて言うのか分からないですが、フランス料理店でウェイターが客の目の前でパカッと持ち上げる銀の蓋、フランス語ではたしかクローシュって呼びますね)みたいなものなのかもしれません。
食べる直前で蓋を開けて「ふふふっ」と笑うのです。いや笑わないかも知れませんが。
鳥正のオムライス旨そうですね。偶然にも昨晩横浜のビアホールでオムライスを食べました。
何かとても食べたくなったのですよ。
なぜだか分からなかったのですが、なるほど、このブログの「丼、たまご、グズグズ」が頭の中にあったのですねー
東京の水は、うーんそうですね、おいしくはないです。カルキ臭いです。
Posted by コリスケ at 2013年10月06日 05:10
DOOM FOOD COVERは
どんな料理が登場するのだろう、
と何だかワクワクしますよね。
アメリカでは病院食で体験しましたよ。
退院直前のランチは「ふふふっ」とは笑えず
あけてビックリ「何じゃコラ」でしたが。

蓋つきの器が好きで、昨秋に実家から
何となく吉野家エッセンスが入った
蓋付き丼をもらってきました。

蓋つきの汁椀や、頂き物の
来客用蓋つき汲出しもありますが、
気の置けない友人しか来ないので
使う機会がありません

余談ですが、旦那様のお弁当は沖縄風に
おかずオン・ザ・ライスです。
Posted by ミゾリン at 2013年10月07日 01:54
ミゾリンさんこんにちは。
そっか、蓋を開けて「うれしい」って思うだけでなく、開けて「なんじゃこら」もあるのですね(笑)
そういうときの蓋は、がっかり感を倍増させそうです。
ウチも蓋つき食器は棚からなかなか出てこないですね。
そういう料理をここ何年作ってないですから。

おかずオンライスの弁当というと、おれは高校生の頃の定番でした。
でも沖縄風と言うわけでなく、いつも腹を減らしていて、びっくりするほど白米を食べてましたから、弁当箱に白米を詰めすぎて、おかずは上に乗せるしかしょうがなかったからだと思います。
Posted by コリスケ at 2013年10月09日 06:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]