2013年10月12日

戸惑いのソースかつ丼

20131009a.jpg

前回の蓋つきどんぶりは、会津名物ソースかつ丼でした。

どんぶり界の王道といえば、かつ丼、天丼、そして親子丼ですよね。
王道っていうのは大げさかな?
でも「どんぶりといえば?」と言われて、
この3種類を挙げられたら誰でも納得するでしょ。
じゃあ逆に「納得いかないんだよねぇ〜」と言うどんぶりは?

オレが思い浮かぶのは、焼鳥丼(焼鳥を飯に乗せただけなんだもん)、
天とじ丼(衣がグズグズになって海老の身の細さが目立っちゃうんだよね、
揚げ玉入りの玉子丼は好きなんだけど...)、それと、このソースかつ丼です。

だって、ご飯の上にキャベツの千切りとソースに浸したカツが乗っているんでしょ。
んなもん「とんかつ定食を頼んで自分で乗せたらいいじゃん!」って思っちゃうんですよ。
でも、会津だけでなく福井、長野など、
このソースかつ丼を名物にしている地方は結構あるのですよね。
もしかしたら、それはソースを浸しただけのカツではなく、
もっと深い味付けになっているに違いないと思い、
先日会津に訪れた際、初日の晩にホテルの近所のとんかつ屋「かついち」で
会津ソースかつ丼を初めて食しました。

20131009b.jpg

うーーん...
カツに使われているソースは甘味のある濃厚な、
いわゆるとんかつソース、タレ代わりに白米にかかっているソースは
酸味のある、いわゆるウスターソースと、工夫はされていますが...
やっぱり「自分で乗せたらいいじゃん!」な印象でした。

いや、カツもごはんもキャベツの美味しいんですよ、ほんとに。

20131109c.jpg

翌日、鶴ヶ城など観光しつつ地元の人に近くの美味しい店を聞いたら、
みんな口をそろえてトンカツ屋の「番番」を薦めます。
正直「いやぁ、もうソースかつ丼はいいかなぁー」と思っていたのですが
あまりにみんなが薦めるので「もしかして初日に食べたのは
イマイチなレベルのソースかつ丼だったのかも...」と思い、
旅の最終日に、その「番番」に伺いました。

20131009e.jpg

店の前にオーナーの写真付き顔はめパネルを置くぐらいだから、
かなり有名な店なんでしょうね。
店内も地元の人々で満席です。

20131009a.jpg

という事で注文したのがトップの写真のこのソースかつ丼。

うーーーーーん...
「かついち」のソースかつ丼と、そんなに変わらないです。
カツにとんかつソース、ごはんにウスターソース、も一緒ですね。
逆に考えると、かついちはかなりレベルが高い店だったってことかな...
さすがに地元の人が強く勧めるだけあって、
肉も良い豚だし、衣もサクサクで、豚カツはとても美味しい!
美味しいんだけど...丼にするのはなぁ...

うーん、うーんと悩みながらまわりのテーブルを見回してみると、
あれ?...ソースかつ丼食べてるのはオレたちだけ...
みんなロースかつ定食や、ひれかつ定食を食べてますよ。

...ソースかつ丼...ほんとに名物?


20131010.jpg
笑顔でソースカツ丼を差し出す店主の後ろで、困惑しているオレとカシコの図

posted by コリスケ at 20:49| Comment(6) | 日記
この記事へのコメント
僕もソースカツ丼は苦手、というか、あえてのせる意味がないと思っております。

なんちゅうか、ご飯とトッピング(?)が口の中で一体化しないというか、なじまない感じなんですよね。

で、不思議なことに、味噌カツ丼ってのも名古屋にはない。

いや、名古屋飯がブーム化してから出てきているかもしれないけれど、トラッド系の名古屋飯にはない。

どて飯とか、味噌煮込みのうどんやら具やらをご飯に載せて食べるのはあるのですけれどね。
Posted by machalea at 2013年10月13日 01:36
俺もあんまりソースカツ丼って好きじゃありませんでしたけど、福井のソースカツ丼はちょっと変わってて(?)面白かったですよ。
タダのウスターソースじゃなくて、なんか、ソースがやたらあっさりしていて、ダシの味もするんですよねー。一度お試し下さいませ。

…って、語れるほど食べたわけでもないんですけど(汗)
Posted by かばば at 2013年10月13日 07:27
会津もソースカツ丼が名物なんですねー。
知らなかった。
福井のヨーロッパ軒は写真の丼よりカツが薄いですよ。
そして、かばばさんがおっしゃるように、ソースも
サラッとしてます。
でも、確かに丼じゃなくて良いかも(笑)

味噌カツ丼、どこかで見たような…。
Posted by yasuko2010 at 2013年10月14日 00:12
machaleaさんこんにちは。

そうなんですよ、丼物ってそういう風に一体化していない具と飯を、玉子とか餡とかが包み込んで一体化させるんですよね。

味噌カツも別々に食べたいかな。

どてめしや味噌煮込みは、汁がタレ代わりになるから、どんぶりとして成立するのでしょう。カレーうどんの汁も同じですよね。
ところがこれが、普通のうどんの汁や、筑前煮を飯に乗せると急にどんぶりっぽくなくなる...
汁の濃度も必要なんですよね。
深川めしを深川丼って呼んでる店がよくありますが、オレからしたらアレはどんぶりじゃないぞ!と思っちゃうんです。

かばばさんこんにちは。
かばばさんのコメントを読んで思い出したのですが、むかし『ベストオブ丼』という文春文庫にヨーロッパ軒のソースかつ丼が出ていて、それはすごく美味そうに感じました。
うん、アレをたべずにソースかつ丼を否定しちゃいかんですな。

yasukoさんこんにちは。
次は福井のヨーロッパ軒に行きますよ!
もしかしたらyasukoさんみたいに「丼でなくてもいいかも...」ってなるかも知れませんが(笑)
味噌カツ丼は矢場とんで出してましたね。

Posted by コリスケ at 2013年10月14日 09:37
あー、私だけじゃなかったぁ。(安堵)丼ものは基本的に、ちょいと汁気のものがご飯にかかってるから成り立つと思っていたのです。上にある物が「ご飯と仲良くしたいっ!」と汁気が浸水(汁)を始め「いや、そこは白ご飯としての威厳も!」とに全面降伏だけは阻止したいとがんばっている白飯との微妙な力関係があってこそ。(基本的に塩分が薄い汁ほど浸水が深い。トータル的には同じ塩分量の可能性も)なので、ちらし(酢飯のおかげで海鮮丼より一体化に有利)や海鮮丼(私の認識では両者この段階ではまだ丼として未完成品)もお醤油をつけて、やっと一体感がでると。ある日、乗せてあるものをお箸で上げたら、下のご飯がただただ真っ白だったのだけは避けたいです。はい、大人げなく熱くなってしまいました。すみません。(ぺこり)
Posted by hanako at 2013年10月18日 00:30
さっき飛行機の中でショージ君の本を読んでいたのですが、熱く語る感じがhanakoさんと全く一緒でした(笑)
オレもコリスインでは、よく食い物のことを熱く語っちゃうのですが、これ仕事場とかでやるとかなり引かれちゃうんですよねー
そんなとき「あ〜、コリスインやっててよかったなぁ」と思います。
海鮮丼はまさにその通り!
オレはちょっと甘めの醤油たれがかかってるのが好みかな。
Posted by コリスケ at 2013年10月19日 07:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]