2013年12月05日

ババとスフィリアテッラ

20131019a.jpg
え〜、前回「次はローマ編」と言いましたが、
ローマに行く前に上の写真のペイストリーの話だけさせてもらいますね。

20131128a.jpg
ナポリの美味しいもの情報として聞いていたのは、
ピッツァとシーフード、そして焼き菓子(特にババ)でした。

元々そんなに甘い物に興味は無いけれど、
ババくらいは食べておこうかなとナポリ駅前の
ケーキ屋(パスティチェリーア)に行き、
ケースを指差しながら「ババちょうだい。持ち帰りで」と言うと、
「プレーン・ババ?それともフュ&%$#ィナ・ババ?」
フュ&%$#ィナが何を表しているか分からないので、
プレーン・ババを注文。

20131128i.jpg
ふと、ババのとなりを見ると貝殻状の美味しそうな
ペイストリーが並んでいます。
指を差して「これもちょうだい」と言うと、
「プレーン・スフィリアテッラ?それとも
フュ&%$#ィナ・スフィリアテッラ?それとも
フィ+&#*?ナ・スフィリアテッラ?」
と聞かれました。

もちろんプレーン・スフィリアテッラを注文(笑)

20131128b.jpg
ババはブリオッシュみたいな生地をラム酒のシロップに浸した、
いわゆるフランス菓子のサヴァランです。
下戸の人だったら一口でぶっ倒れちゃうくらいラム酒が強いですね。

20131128c.jpg
スフィリアテッラはレモン酒とリコッタチーズで作った餡を
歯応えのある、何枚もの薄い層の生地で包んで焼いた菓子です。
これ好みでした。

カシコにも食べさせてあげたかったのですが、
イアリア旅行の最終地、フィレンツェには美味しそうなババと
スフィリアテッラが全然売っていなかったんですよ。
(ババは人工的なシロップの匂いがしたし、
スフィリアテッラは層が厚くて食感が悪そうでした)

カンノーリはイタリアどこでも普通に美味しそうだったので、
カンノーリだけをお土産にしましたよ。

20131128d.jpg
これはローマとフィレンツェの間にある街、
オリヴィエートのバールで食べたカンノーリ。

20131128f.jpg
時間はギューンとワープして帰国後の日本。
所用で表参道に行った時に、紀伊国屋の裏手で
偶然パスティチェリーアを見つけました。
ソル・レヴァンテという店です。
ちゃんとイタリアのお菓子職人が作っているんですよ。

20131128g.jpg
ババはこんな感じ。
サイズ小さめで値段は高めなのはしょうがない、しょうがない。

20131128h.jpg
スフィリアテッラです。
お皿が和皿なのはしょうがない、しょうがない。
両方とも味はナポリのものに負けず、美味かったですよ。

「うーん私はやっぱりカンノーリが好きだな」
というのはカシコの感想(笑)

次こそは本当にローマ編です。


20131128j.jpg
おまけ:前回の魚屋のおじさんの写真。
実際に撮らせてもらったのはこれです。
魚は新鮮、全然臭くないです。さすがナポリ!
posted by コリスケ at 13:01| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
流石東京、お値段さえ気にしなければ
何でも本気なものがあるのですね。
イタリアよりもそちらに反応してしまいました。

カンノーリといえば、何故か近所の
フロリダ発祥チェーンスーパーの
ベーカリーコーナーにもありまして
朝フィリングを詰めた小ぶりのモノは確か1個69セント、
注文してその場で詰めてくれる大きめのモノのは、
倍額以上します。
聞かれておりませんが、私は朝詰めのほうが好きです。
Posted by ミゾリン at 2013年12月06日 05:36
ミゾリンさんこんにちは。
本当に東京は何でもあります。
オレもまさか東京でババに再会出来るとは思いもしませんでした。
ま、大きさは半分、値段は4倍でしたが...
この日本の店でもカンノーリを焼いているそうなのですが、
朝詰めで売りたいので週末しか販売しないのよ、と言われました。
みんな朝詰めが好きなんですよ。
Posted by コリスケ at 2013年12月06日 18:10
こんにちは。
ご旅行、かしこさんはお留守番だったんですね。
下のビールって、お一人で飲んだのですか?!

東京は本当になんでもありますよね。
最近ではタヒニがカルディで売られていて
ちょっと嬉しかったですよ。
Posted by たか at 2013年12月12日 11:39
たかさんこんにちは。
はい、この旅行は別の同行者と一緒でした。
2人で大瓶2本づつ呑みました。
(別の店では3本づつでしたけど)
オレもカルディで「おっ、タヒニだ」と思いましたよ。
Posted by コリスケ at 2013年12月14日 13:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]