2013年12月10日

イタリア三都食物語 ローマ編(1)

20131210c.jpg

イタリアは基本チップ制ではありません。
ただ、この旅行では美味しかった店にはそれなりのチップを置いて帰りました。

さてナポリからローマに移動して、最初に入ったレストラン。
肉と野菜のアンティパストやパスタ2品などを注文したのですが、
残念ながらどれも味はいまいちでした。

20131206b.jpg
肉のアンティパストは、スーパーで売られている
真空パックのハムみたいなものが並べられただけですし...

20131123b.jpg
ボンゴレのパスタは壁の穴みたいに濃いめの味が
麺に染み込んじゃっていますし...

20131206c.jpg
ま、ワインは普通に美味しかったですが、
ワインが一番美味いと感じさせちゃうレストランってどうなの?
って感じです。

でも、帰り際に普通の2倍くらいのチップを置いて帰りました。
さて何故でしょう?

実は滞在するホテルがこのレストランの裏にあったのですが、
どこが入口が分からなくて迷っていたら、
この店のウェイターが入口の場所を教えてくれたのです。

「ちょうど昼飯時だし、荷物を置いてあのレストランに行きましょう」
なんて会話を同行者と一緒にしながらホテルの入口に向っていたのですが、
何故か入口が見つからず路地を一周してしまい、
また同じレストランの前に到着(笑)

「良く分からないけど戻って来ちゃった」と苦笑いしながら言うと、
ウェイターも苦笑いしながら、先導してホテルの入口まで
連れて行ってくれたのでした。

この時点でどんなに不味い料理を出されてもチップ2倍決定です。

20131206a.jpg
左がそのウェイターのティムです。
食事をしながらティムに近所の様子などを聞いていましたら、
ローマのテルミニ駅を中心に片側は観光地のきれいな街で、
もう片側は住宅地のきたない街だと教えてくれました。

そういえばナポリも同じような街の作りでしたね。
イタリアの都市は大体そんな感じなのでしょうかね。
でも、よく考えたら東京の上野駅とか大阪の天王寺駅も似たような作りですね。
(今は両方ともきれいな街になりましたが)

食事後に街の探索に出たオレたちの向う先は、もちろん住宅地方面です。

20131210a.jpg
しばらく歩きましたが、そこまで汚くはないです。
大きな建物に人が次々と入っていくので、
ついて行ったら市場を見つけました。

20131118f.jpg
イタリア人用の市場というより、移民用の市場なのでしょうか、
ハラルマークが目立ちますね。

20131118e.jpg
肉屋と八百屋が多いですが、昼過ぎなので魚屋は閉まってしまったみたいです。

20131118c.jpg
おっ、ハチノス(トリッパ)も売ってますね。

20131118d.jpg
牛肉の部位がこれだけ分かれているところがヨーロッパっぽいですね。

さて、次回は美味しいローマめしの話です。

20131210b.jpg


posted by コリスケ at 13:01| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。

イタリアに行かれたんですね。私も去年の秋にいきました〜。残念ながらナポリは行けなかった(お城すごくカッコいいですよね!)のですが、ベネチア・フィレンツェ・ローマをまわりました。レストランは確かに当たり外れがあったり、いきなり閉まってたりしますね。タバコの臭いが酷くなければ、もう一度行きたいなぁ。

ちなみに最近ポルトガルに行きましたが、こちらもみんな陽気で、料理も美味しいしオススメですよー。
Posted by ガリバー at 2013年12月12日 08:07
ガリバーさんこんにちは。
あ、オレは逆にベネチア行きたかったんですよ。
運河見たかったなぁー

レストランの急な休業は、このローマでもありました。
でも、もう三度目なので「うん、そうだよねー」みたいな感じで笑っちゃいましたけど(笑)
タバコの匂いは気がつかなかったです。
ラッキーだったのかもしれません。
ポルトガル料理も本場で食べたら目から鱗なんでしょうね。
行ってみたいです。
Posted by コリスケ at 2013年12月14日 13:18
 お写真の空気が澄んでるなぁと思ってしまいました。PM2.5でかすんでいる日もしくは雨でぼんやりしているが多いかもしれませんが。それに牛の部位の絵、妙に足が長い…。
Posted by だいやもんどだすと at 2013年12月14日 18:38
だいやもんどだすとさんこんにちは。
季節が良かったのでしょうか、空気はずっと澄んでいましたよ。
あ、ホントに足長いですね(笑)
Posted by コリスケ at 2013年12月15日 21:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]